スポンサーリンク

餃子 の焼き色

餃子 レシピ

肌を焼くとすぐに赤くなって皮がむけてしまいます。

昔からです。

若いころ、焼けた肌に憧れた友達連中が海に出かけ、休み明けに褐色の肌に白いTシャツで登場!を見ても

自分はあきらめのマイペース、白い肌でした。(今では美白で羨ましく思われるほうか?)

今でも勿論焼きません。褐色に焼くのは餃子だけにしときます(無理やり)

餃子の焼き方

といっても、自分は調理師学校に通っている時に、調理の試験で唯一”餃子”の試験が追試になりました。

餃子追試って笑えますが、追試の理由は

「餃子を焼き始めた時に入れたお湯で餃子が浮き出したため、焦って押さえつけようとして、試行錯誤の末焼き上げに失敗した」です。

 

そうです、餃子を焼くのを失敗する最大の原因は”焦り”だと失敗した自分は思います。

餃子もハンバーグと同じように焦らず”コールドスタート”で焼きましょう!

コールドスタートに使えるフライパンはフッ素樹脂等のフライパンだけです。
鉄のフライパンはよく熱して油をひいてから餃子を置かないとくっついてしまいます。
我が家のフライパンです。

餃子を焼くときはコールドスタートで

  • 冷たいフライパンに油を引ひいてそこに餃子を並べましょう。火はつけないで大丈夫です。
  • 火をつけて、パチパチと音がしてきたらお湯を入れて蓋をして中火で5分焼きます。
    (水を入れるともちもちの触感になりますが、打ち粉、皮がとけだして隣の餃子とくっついてしまう。お湯だとグルテンが固まるのが早いので、くっつきにくい。)
  • 蓋を開けて水分を飛ばします。
  • 水分が飛んだら、ゴマ油を餃子の隙間から流し入れて弱火~中火で焼き色をつけます。
    (焼き色がつかないからと強火にするとすぐに焦げます。)
  • 焼き色がついたら出来上がりです。

餃子

美味しくできました!

良い焼き色で焼けましたね。

マックスキャッホー!!

 

応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

料理レシピ集ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました