スポンサーリンク

みんな温泉卵好きだよね 温玉照り焼き丼

焼鳥 丼物

最近は雑誌やテレビ番組だけでなくYouTubeやSNS等でもレシピ、写真、料理動画が溢れかえってますよね。

そんなレシピや動画を見てると大体の人気の料理の材料にはチーズが含まれていますよね?

チーズを使えば大体美味しいし、何より映え要素高いのが多く使われる原因でしょうね。

使われている材料ナンバーワンがチーズ。(自分調べ)

では、ナンバーツーは?

 

それは温泉卵ですね!(違いますが)

 

そんな訳で、本日は温泉卵を使った鶏の照り焼き丼です。(またの名を焼鳥丼。以前作ったので本日は別名称で)

温泉卵の簡単な作り方

よく料理に使われる温泉卵ですが、作り方を知ってい人は意外と少なかったりします。

昔は発泡スチロールの中にお湯を入れて~ みたいな作り方でしたが今の主流は

  1. 卵を冷蔵庫から取り出し常温に戻す。
  2. 鍋に卵が浸るほどの水を入れ沸騰させる。
  3. 火を止め、そこに卵をお玉などでやさしく殻が割れないように入れる。
  4. 12分経ったら水で冷やして出来上がり。

卵を常温に戻すのは、冷えてると熱湯の温度が急激に下がる、割れやすい、殻につきやすいからですね。

お湯につける時間の12分は平均です。(夏は10分でできたり、冬は15分かかったりしますが、夏も冬も12分で形になります)

まあマシンを使えば楽々できますけどね。


焼鳥

鶏肉は皮目をカリカリになるまで焼きました。

照り焼きの合わせ調味料は醤油大2、みりん大2、酒大2、砂糖大1で作りました。

 

美味しくできました!

見た目が物足りないのでオクラを散らしましたが、いりませんでしたね。

もやしの和え物を付け合わせていただきました。

 

応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

料理レシピ集ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました